会社を辞めたら生きていけないという思い込み

働き方

仕事が合わないとか、やりたいことがあるとかで会社を辞めたいのに辞めれない人!会社を辞めたら生活できない、生きていけないと思っていませんか?今日は退職しても意外となんとか生きていけた理由と選択肢について書いてみます。

会社を辞めたら給料はなくなる

会社を辞めたら、毎月のお給料とボーナスはなくなります。その後は健康保険や年金を自分で払っていく形になりますので、出費だけが続く感じになります。ただ、もらえるお金もあります。会社に雇用されていた方なら雇用保険から失業手当を受け取ることができます。就職すれば、再就職手当も受け取れます。退職しても翌月はお給料は出る場合が多いので、そこまで心配しなくても良かったです。

仕事を決めてから辞める?

自己都合で退職した場合は失業保険を受け取るまでに3か月の待機期間があるので、もらわない方もいつかもしれませんが、3ヶ月は意外とあっという間です。人生の節目にゆっくり考えられる時間くらいは確保しましょう。働いていたらできなかったことをする時間も欲しいです。20年以上働いてきて、生活費のために失業保険をもらったことが無かった私ですが、今思えばその都度もらうべきでした。次の仕事を決めないと辞められないと思っていたけれど、そんなことはなくただの思い込みでした。もちろん生活費3ヶ月分の貯蓄はあったほうがいいです。

スポンサーリンク

生活費を生み出す方法

固定費の見直し

夫婦共働きで、しかも妻のほうが給料が多かったのに会社を辞めると決めた。今後は自由に働きたいなという気持ちがあったので、固定費で見直せるところは見直しました。一番大きかったのは生命保険です。将来を考えて貯蓄タイプの生命保険に加入していたので、解約して解約返戻金を当面の生活費に充てました。その分、カケステの定期保険に加入して補償をカバーして、毎月の支払いも減らしました。健康保険で割安に入れていた事務を退会した。節約したのはその2点くらいで、実際は働いていた時とほぼ同じ生活です。

断捨離する

これは、意外に良かった!!働いている間に気になっていた部屋の片づけをして、不要なものをメルカリで出品しました。ブランドものなんかは出したらすぐに売れるので助かった。売上金をメルペイで受け取れるのですが、自分が購入する際メルペイで払うとキャッシュバックもあって2重でお得でした。コンビニやスーパーなどメルペイで払えるところはとても多くて便利です。

借金する

借金と聞くと「え~!?」となるかもしれませんが、使えるものは活用しましょう。我が家では子供の進学のためにお金を貯蓄していたので、そのお金を生活費に回して学費は金利の低い教育ローンにしました。日本政策公庫なら固定金利1.71%で借りれますし、収入が低くても大丈夫なので助かりました。(所得に上限あり)ちなみに銀行にも確認してみましたが、無理でした。

貯金だと意識していないお金

我が家には貯金はない。と思っている人でも、意外と意識していないお金があるかも?うちは生協に加入していたのですが、そこに入れていた出資金が貯まっていました。会社の持ち株制度にも加入していたのですが、退職とともに解約となりちょっと増えて戻ってきました。退職してから何度か「もう無理~!!」と思った時がありましたが、意外と払ってこれたのも意識していないお金のおかげです。

スポンサーリンク

会社を辞めて手に入れたもの

自分のための自由時間

会社を辞めて一番良かったことは、自分のペースで生活できることです。休みたい日に休んで家事をしたい時にはして、無理なく働ける。スーパーの安売りの日に買い物したり、家族の誕生日は仕事しないとかルーティンの会社員時代には経験できなかった自由な時間を過ごせています。自由に選べるようになると、無理していた頃のようにセミナーに参加することもなくなりました。どこにでも、いつでも行ける心の余裕ができました。時間があったらできるのにと思っていることの多くは時間があってもやらない事でした。

出会いも選べる

会社を辞めたら、次の仕事をどうするか考える人も多いと思います。自分が他の会社で通用するのか不安になることもあるでしょうし、社会との接点が無いことに不安を感じる方もいらっしゃいます。自由に好きなことをしていると自然と人との出会いも良いものだけになり、嫌いな人と付き合わなくていい。好きな人とだけ付き合えるようになります。その中で出会った方から仕事を紹介してもらったりして、収入にも繋がりました。

スポンサーリンク

まとめ

「会社を辞めたら生きていけない」そう思っている人は基本的にまじめな性格です。だから会社を辞めたから仕事を何もしないということは少ないと思います。私は何年も「会社を辞めたら生きていけない」と思っていましたが、実際に会社を辞めてもなんとかなっています。ほとんど収入が無い時期もありましたが、今は自由に生活しながらフリーランスで仕事もしています。やりたいことがある方は、会社を辞めてチャレンジしてもいい。やりたいことが分からない方は会社を辞めて、自分探しをしてもいい。せっかくの人生を楽しもう!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました